CRCのお仕事

医療関係に従事していた方(看護師・薬剤師)などが転職先として
治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator→ CRC )という職を選んだりします。
通常であれば同じ職種で転職先を探したりするはずなのですが、
CRCという職を選ぶのはどうしてなのでしょうか?この職種にはどんな魅力があるのでしょうか?

治験コーディネーター(CRC)とは?どんな仕事なの?

まず治験について説明すると、様々な物質の中から実験や動物実験などを通じて、病気に効果があるとわかった
薬に関して、実際に健康な人や病気にかかっている人に試してもらい薬の効果と安全性を調べる事を臨床試験と言い、
厚生労働省から薬としての認可を貰うための臨床試験を治験と言います。

※もちろん人で試す場合の前提として、効果があるとわかった薬で人に使っても安全性があると思われるものを使用します。

治験コーディネーターについて

治験コーディネーターという仕事は上記の治験が円滑に進むように製薬会社や医師と治験に協力してくれる患者さんとの 間に入ってサポートをする仕事です。治験に関するインフォームドコンセントの補助説明を患者さんに行いますが、 当然不安になる患者さんもいますので負担を和らげるために相談に乗ったりします。 基本的には治験のサポート業務となり、専門知識も必要となってきますが、 製薬会社さんや患者さんとの間に入ってのお仕事となるためコミュニケーション能力も重要となってきます。

新薬の開発を待ち望んでいる方も沢山います。
そういった方への助けになっているという事もこの仕事のやりがいかもしれません。

CRCのメリット・デメリット

メリット

・残業がすくない
・土日休み
・新薬に関する知識がえられる。

基本的に残業が少なく、土日休みが多い傾向ですので、生活リズムを作りやすいです。
夜勤などもないので時間を上手に使えますし、友人などと時間を合わせる事が可能です。

仕事に関しては新薬の知識を得られたり、色んな方とコミュニケーションをとる
機会が多いので、視野を広げることができます。また関わった新薬が
販売されるようになったりなどすると嬉しいですね。新薬を待ち望む方の為に
仕事ができるやりがいを感じられるかと思います。

デメリット

・パソコン業務が多い
・間に入ってのサポートなので色々と神経を使う。
・以前医療系のお仕事(看護師)などをされていた場合、もう一度戻る際の不安

看護師さん薬剤師さんなどからの転職だとしても、治験に関しては未経験者です。
はじめのうちは分からない用語などもあり苦労するかもしれません。
またパソコンでの業務も比較的多いので苦手な人は少し苦労するかもしれません。

CRCの仕事はサポート役ですので、コミュニケーションがうまくいかず悩むことも
あるでしょう。また、看護の仕事をしていた方はCRCの仕事は医療行為をするわけでは
ありませんので、もしも看護師の仕事に戻るときはブランクがあるので少し不安になる可能性があります。

コーディネーターになるにはどうすればいい?

CRCになるには、まず資格が必要と言いたいところですが、特に必要な資格はありません
そのため未経験者であってもCRCの仕事をする事は可能です。
ですが実務の中で専門的な知識が必要となってきます。当然ですが勉強して覚えないと業務がスムーズに
進みません。サポート役のコーディネーターの業務がスムーズにいかないと、治験もうまくいきません。
大変な部分はありすが、勉強は必須となります。
医学的知識、薬学的知識、法律など医療に関係する知識は役に立ちます。

あると役立つ資格

看護師
薬剤師
臨床検査技師

当然医療系の知識がある方は治験で役立つ箇所があります。
看護師であれば症状の知識であったり、患者さんの扱い方、コミュニケーション能力などが活用できますし、
薬剤師であれば薬の知識はすでにある訳なので、新薬の理解が早く力を発揮できるでしょう。
臨床検査技師は臨床検査の知識があるので役に立つでしょう。

上記でも言いましたが資格が無いからと言ってCRCの仕事ができないわけではありません。
基本的には資格が無くても良いのですが、医療関係ですので多くの方が上記の資格保有者です。
ただし上記の資格を持っていない方もいますので未経験でも挑戦できる職種と言えます。

参考:http://ningendock-mania.com/nurse-doc.html

不安な方はCRCの求人について相談してみる

CRCの仕事はやりがいがある職種ですし、給料も良いので人気があります。
周りにコーディネーターをしている方がいれば相談して内部の話を聞けますし、
実際に所どういった仕事になるのかを知る事ができますが、
いない場合はCRCの仕事についてわからない部分もたくさんあります。
そういった場合は治験コーディネーターの転職求人サイトなどを利用して
何人もの就職活動を手助けしていたプロに相談してみましょう。
転職に関する不安な部分や疑問点などを相談することで、
自分のワークスタイルに合った求人を紹介してくれるでしょう。

COPYRIGHT© 2014 CRCのお仕事 All Rights Reserved.